アツシ ナカシマ 2018年春夏コレクション – 衣服の解体&再構築ショー

アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)の2018年春夏コレクションが、イタリア・ミラノで2017年9月20日(水)に発表された。日本人デザイナー中島篤が、ミラノに挑むのは4シーズン目。今季はミラノ・ファッション・ウィーク初日にランウェイショーを行った。

テーマは、合体、連合などの意味を持つ「coalescence」。サブテーマとして「多様な造形物を分解し、一つの被写体へ結合」というキーワードが添えられている。今シーズンもKinKi Kids堂本剛のソロアルバムからセレクトしたサウンドのもと、衣服の解体&再構築ショーが繰り返される。

ただし、今季はデザイナー中島篤の変化に気付かされた。数シーズン続いていた和の要素が払拭されている。着物や帯といったジャパニーズカルチャーは排除され、トレンチコート、モッズコート、デニムジャケット、スウェットパーカーといったクラシックなアイテムが解体の対象となっている。

これらをカットアウトし、ジップによって立て替えていく。身頃全体は幾何学的に分解され、異素材が一つに調和。さらにこのジップ切り替えにより、異なるアイテムの装着を無限に広げ、アームの着脱、シルエットの変形など、自由度の高いカスタマイズが可能となっている。

後半からは、再構築アイテムに打って変わって、パッチワークウェアがランウェイを彩る。小さなパーツを幾何学的に配置し完成した、スウェットパンツやシャツワンピースなどが肩を並べる。また、ピンク、ブルー、イエローといったポップカラーの登場など、色彩の豊かさも後半戦の醍醐味。

特に、メタリックシルバーのパラシュートワンピースやウィンドブレーカーといった類は、スポーツウェアのような軽快な仕上がりで、涼し気な印象をもたらした。

from https://www.fashion-press.net/news/33618

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です