KURO 2016年春夏デニムコレクションよりジャケットやコートなどトップスアイテムの紹介

KURO(クロ)の2016年春夏デニムコレクションから、トップスアイテムの紹介。“TIME”をテーマに長い歴史を持つデニムが、ゴールドラッシュ、反逆性の象徴、自由の象徴、大量消費的なイメージ、 ヴィンテージの「色落ち」「汚れ」を楽しむことなど、様々なモチーフとして愛されてきたことに注目したコレクションを展開している。

 

リメイクラインからは、ノーカラージャケットが登場。デニムパンツ3本分を再利用した1着には、デニムの歴史が詰まっているような感覚さえ覚える。

デニムコートには、岡山県井原市にある山葦織物の12オンスのデニムを採用。肩周りをコンパクトにし、バランスのとれたAラインが生まれるようデザインされている。またポケットはマチ付のボリューム感が楽しいディテールに。単にミニマルなだけでなく、細部にこだわりがあるのが嬉しい。

 

スタンドカラーや切り替えのデザインが見られるのは、シャツ類のアイテム。生地感やシルエットに細心の注意を払い、襟の立ち方や袖感、手作業だからこそ実現できる染めや縫いが楽しめるウェアだ。

トップスだけでなく、2015-16年秋冬コレクションから始まった、ディープテーパードのパンツなど、ボトムスももちろん充実。自分にあった1着を探してみて。

from https://www.fashion-press.net/news/20646

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です