‟ウエストゴム”に特化したパンツブランド「ナンバー エム」誕生 – デザイナーは中村三加子

デザイナー中村三加子によるパンツブランド「ナンバー エム(NUMBER M)」がデビュー。2016年7月より展開をスタートする。

オーダーブランド「ミカコ ナカムラ(Mikako Nakamura)」のコーディネートブランドとして、2008年より展開をはじめた「エムフィル(M・Fil)」。このブランドの隠れた名品として人気を博したのが、ウエストゴムパンツだ。これまでに累計60,000本を売上げた実績と経験を活かし、2016年よりパンツブランド「ナンバー エム」が始動。

コレクションは、シーズンデザインを落とし込んだ「プレゼント」、機能性とファッション性を両立させた「アクティブ」、デイリーラインの「ジェットセッター」と3つを基軸に展開する。

すべてのアイテムは国内で作られており、こだわりのゴム部分は石川県で生産。1本のゴムを2つに折ってつくる‟ダブルゴム”を採用し、ウエストを包みこむような優しいフィット感を実現した。また、外側は色柄を添えて装飾性をプラス。‟あえて魅せる”ことで、独自のスタイルを構築する。

シルエットは、細身のクロップドタイプから、ストレート、ワイドなど多種多様。カラーも、バリエーション豊かに揃える。

 

ファーストシーズンは「タイムトラベル」をキーワードに、ブルーやオレンジなどの色彩やジオメトリックプリント、車モチーフなどを交えて、レトロ&フューチャリスティックな世界観を表現。「プレゼント」ラインからは、裾にワイヤーを入れて広がりをもたせたユニークなアイテムが登場。また、「アクティブ」ラインでは、蛍光色やメッシュ素材を多用し、カジュアルシーンなウェアを提案する。

fromhttps://www.fashion-press.net/news/22896

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です