ディーゼルから岡山産デニムジャケット&パンツ – 旧式の織機による独特の風合い

ディーゼル(DIESEL)から、メイド・イン・ジャパンの新作デニムが登場。2016年11月18日(金)より、ディーゼル 銀座など一部の店舗で発売される。

デニムの聖地・岡山県の工房で昔ながらの製法でつくられる伝統的なジャパンデニムを再現した全品シリアルナンバー入りの新作。シャトル織機でゆっくり織りあげることでうまれる自然なムラ感を再現した伝統的なセルビッチデニム(旧式の織機で織ったデニム)の素材感はそのままに、履きやすさを追求した11オンスの生地で仕上げたジャケットとパンツが展開される。

デニムジャケット

デニムジャケット(メンズ) 89,000円+税

デニムに透湿・防風・撥水機能を持つ高機能素材「WIND REFLECT」をボンディングすることで、風を防ぎながらも蒸れにくいという万全の機能性を実現したハイパフォーマンスデニムジャケット。ジップには止水ファスナーを採用しており、レインジャケットとしても活躍してくれる一着だ。

デニムパンツ

デニムパンツ「RIZZO」(ウィメンズ) 36,000円+税

リジッドデニムのライトグレーというユニークなルックスながら、洗練された印象のオーソドックスなシルエットを採用したデニムパンツ。メンズの「BUSTER」とウィメンズの「RIZZO」の2型がラインナップ。

from https://www.fashion-press.net/news/27279

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です