海外ブランド”赤”コーディネート特集 – ドレスやジャケット、ワンピースからバッグなどの小物まで

気温が上がってくるとともにコーディネートに取り入れたくなるのが季節感のある暖色。柔らかい色を選ぶのもアリだけれど、「思い切って大胆な配色の着こなしをしたい!」という人にオススメのカラーが”赤”だ。メゾンからは2018年春夏コレクションも沢山の”赤”アイテムが登場した。

存在感のある”赤”をどう着るか

コーディネート上に大胆に存在し、誰もが目を惹く色、”赤”。そんな”赤”の存在感と着こなし方を再確認させてくれる2018年春夏コレクションのルックたちを紹介。

大事なのは「生地感」

ヴェルサーチ

ヴェルサーチ 2018年春夏コレクションより
ヴェルサーチ 2018年春夏コレクションより

ヴェルサーチ(VERSACE)の80年代の雰囲気を感じさせるセットアップも”赤”に染まればさらに大胆さを増す。注目すべきは生地感。ジャケット、インナーのニット、スカートはもちろん、バッグやベルト、シューズまで赤で染め上げられたにも関わらず、滑らかな生地を選ぶことでただただ奇抜なだけでなく、上品さとどこか落ち着いた表情を演出する。

カルバンクライン

カルバン・クライン 2018年春夏コレクションより
カルバン・クライン 2018年春夏コレクションより

ヴェルサーチのセットアップと同様に、生地感だけでビビッドな”赤”も断然着易くなる。カルバン・クライン(Calvin Klein)では、光沢のあるビニール質の生地に単色で”赤”を採用することで立体感を持たせると同時に、コーディネートに落とし込みやすい表情へと昇華させた。

“赤”でない”赤”

ステラ マッカートニー

ステラ マッカートニー 2018年夏コレクションより
ステラ マッカートニー 2018年夏コレクションより

オレンジのような黄味がかった赤が印象的なステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)のドレス。こちらは普段”赤”を敬遠しがちな人でも挑戦しやすい色味。デザインではシルエットに緩急を生むフリルで構成された首元が特徴的な一着。

ヴァレンティノ

ヴァレンティノ 2018年春夏コレクションより
ヴァレンティノ 2018年春夏コレクションより

通常の”赤”よりも着こなし、着回し易いのがこのワインレッドやバーガンディといった類のカラー。秋冬シーズンのイメージが強いが、春夏シーズンでもヴァレンティノ(VALENTINO)はトップスなどのメインアイテムのカラーとして採用。季節に適した軽い素材を使用しているので、重たい印象にならず軽やかに仕上がっている。

“赤”×”柄”

単体でもさることながら、様々なパターンと組み合わさることで”赤”はさらに華やかさを増す。

from https://www.fashion-press.net/news/38756

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です