モトヒロ タンジ 2017年春夏コレクション – ニットから覗く肌、香り立つ色気

モトヒロ タンジ(Motohiro Tanji)の2017年春夏コレクションを紹介する。

日本ブランド・モトヒロ タンジは、「ニット」という一つのカテゴリーにフォーカスして様々なクリエーションを手掛けている人物だ。編むという一つの技術に特化し、時に優しく時に激しく、ニットそのものに様々な表情を与えている。ここ数シーズンは、東京コレクションを舞台に新作を発表してきたが、今季はルックでの展開。ホワイトやアイボリーといった優しい色味を基軸に、今季も新しい「ニット」の可能性を見い出している。

新鮮に映るのは、パンツとの組み合わせだ。ソフトで肌ざわりのよいニットは女性的な要素も感じられるが、今季はあえてミリタリー風のカーゴパンツなどとぶつけている。サイズはゆるりとしたもので、洗いざらいのようなシワ感。裾を折り曲げたり、ローブ状のベルトをしたりする姿には、男性服を一生懸命着たような可愛らしさが存在している。

一方ニットは、その男性的要素を消し去るように女性らしさに満ち溢れている。肌を透けさせるシースルの糸、部分的に肌見せさせる穴。そういったセンシュアルな香りをほのかにたたせて、フェミニンなニットを完成させている。

編地は複雑にミックスして。‟ぽこぽこふわふわ”そんな音が聞こえてきそうな立体感な部分もあれば、三つ編みのような繊細なパーツ、襟回りをボディにもってきて引き延ばしたような強引さの見える箇所もある。一つの色彩・一種の糸から生まれる服地はとても個性的で、見る角度によってコロコロと気分を変える。また、インナーの差し方もいい塩梅で、カラートーンを合わせつつも、フレッシュなホワイトがナチュラルカラーに鮮やかに生えている。

from https://www.fashion-press.net/news/26662

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です