タトラス新ブランド「リヴィール プロジェクト」若冲の軍鶏を描いた友禅ジャケット

タトラス(TATRAS)は、日本の伝統工芸を取り入れた新ブランド「リヴィール プロジェクト(REVEAL PROJECT)」のデビューコレクション受注会を、10月20日(土)から10月28日(日)まで、タトラス&ストラダ エスト青山店(TATRAS & STRADA EST AOYAMA)で行う。引き渡しは2019年1月末から2月上旬を予定。

リヴィール プロジェクトとは

「リヴィール プロジェクト」は、タトラスのクリエイティブ ディレクター坂尾正中が、日本の伝統工芸を未来に伝承することを目的に立ち上げた新ブランド。パリ・ファッション・ウィークにて発表したデビューシーズンの2018-19年秋冬コレクションでは、京都の木村染匠とタッグを組み、京手描友禅の技術を生かしたボマージャケット7種類を製作した。

世界遺産・二条城で日本初披露

国内では、2018年4月24日(火)、京都・二条城にてプレゼンテーション形式で初披露となった。世界遺産・二条城内に佇む、重要文化財・台所前に出現した特設会場。プロジェクションマッピングにより龍が映し出された建物の扉が開くと、ボマージャケットを身に纏ったモデルたちが姿を現した。

絵柄は伊藤若冲の軍鶏や河鍋暁斎の髑髏など

シルクを採用したジャケットのバックスタイルには、職人が1つ1つ手描きした友禅の絵が施されている。絵柄は伊藤若冲の軍鶏や、河鍋暁斎の髑髏と蜥蜴、松、姫など7種類。ボディはブラック、ネイビー、グレー、カーキの4色が揃う。

和の趣に未来的な要素を合わせたスタイリング

京の匠による友禅のジャケットを羽織ったモデルの足元には、日本の伝統を思わせる足袋を合わせて。降りしきる雨をしのぐためモデルが携える番傘も、和の趣を添えている。

また、京都が誇るものづくりを未来に伝えていくという強い意志を感じさせる、フィーチャーリスティックなスタイリングも印象的。ヘッドにはネオンのように輝きを放つ装飾をあしらい、ボトムスにはハーフパンツやスウェットといった機能的なスポーツウェアを差し込んだ。

なお会場には、このプロジェクトに賛同するとよた真帆、北島康介、窪塚洋介、土屋アンナ、レスリー・キー、国木田彩良が駆けつけ、「リヴィール プロジェクト」のデビューを祝した。

「リヴィール プロジェクト」では、今後も年2回、さまざまな日本の伝統工芸が持つ技術を生かしたコレクションを発表していく予定だ。

受注会がタトラス&ストラダ エスト青山店で

10月20日(土)から10月28日(日)までタトラス & ストラダ エスト 青山店で行われる「リヴィール プロジェクト」デビューコレクションの受注会では、全7柄、ボディカラー6色、4サイズから、自分好みのものをセレクトした、オリジナルの1着を完成させることができる。

Kosuke Kawamura

また、ランウェイで披露された柄の他にも、タトラス&ストラダ エスト青山店限定の柄を用意。渋谷パルコの工事仮囲いのアートウォールなどを手掛けたコラージュアーティスト・Kosuke Kawamuraによるグラフィックを、京手描友禅で表現する。

from https://www.fashion-press.net/news/39337

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です