ジョルジオ アルマーニ 春夏コレクション – 光が遊ぶ、万華鏡の世界を映して

ミラノファッションウィークで発表されたジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)の2013年春夏コレクション。描き出されたのは、「さまざまなバリエーション、さまざまなニュアンスが同時に存在する」、アルマーニの世界。軽やかさをキーワードに、ノンシャラン(平然とした無頓着な感じ)なタッチが加わった。

 

カラーパレットはブラック、ターコイズ、グレーをメインに、アクセントに翡翠色やライトブルーが用いられた。輝きを帯びた素材を使用することで、万華鏡のように美しく変化するトーンをつくりだしている。

デザインには、独創的な発想と、職人による最高級の技術が結晶された。繊細な素材を、ボディに優しくフィットする美しシルエットで仕立て上げているのが印象的だ。

 

ライトコートやショート丈のジャケットには、クロップ丈のパンツやショートパンツなどさわやかなアイテムをコーディネート。シューズにはヒール部分にメタリックシルバーやラインストーンがあしらわれて、歩くたびにきらめきを放つ。

最後に登場したイブニングウェアのシリーズは、満天の星空をそのまままとったかのよう。きらめきの上にさらにきらめきが重なって、幻想的でドラマティックにコレクションを締めくくった。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/5040

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です