エルメス、服一着は一つのオブジェである【2017-18秋冬メンズ】


ヴェロニク・ニシャニアン(Veronique Nichanian)によるエルメス(HERMES)は、クラシックのコンサート会場として知られるパリのサル・プレイエルを会場に2017-18年秋冬メンズコレクションショーを開催した。

服を一つのオブジェと捉え、ファッションブランドとして物作りをするのではなく、職人の手を経た作品として世に送り出すことをコンセプトにした。ヴェロニク・ニシャニアンは、トレンドを取り込むことを優先せず、長年愛用できる服づくりをし、初期作品をコーディネートしても違和感の無いクリエーションを敢行。エルメス的なトラディショナルな部分を保ちつつも、ロック的なスピリットを取り入れ、コレクション全体をコンテンポラリーなものに仕上げている。

カラーパレットはブラックやフラネルグレーなどの他に、グレーがかった深いグリーンの「ヴェール・ドゥ・グリ」、渋みのあるネイビーの「ブルー・ピロット」、ワインの澱の色をイメージした「リ・ドゥ・ヴァン」といった落ち着いた配色。

細身のダブルのジャケットにはバギーパンツを、ゆったりしたコートには細身のパンツを合わせて、シルエットにコントラストを付けているのも特徴的。今シーズンは素材としてムートンが多用され、アランニットモチーフにカットしたムートンを配したブルゾンや、ニットをスリーブにあしらったプルなどが登場。ムートンをベルト状にパッチワークしたレザー製ブルゾンも印象的だった。

ライニングにエルメスオレンジを配したネオプレン製ボンバーも、エルメスらしい品格を漂わせる仕上がり。今シーズン、Tシャツのプリントやメッセンジャーバッグ、ニットプルのレザーアップリケとして登場したロボットモチーフは、今までにカレ(スカーフ)を手がけてきたデザイナー、野村大輔(Daiske Nomura)の手によるもので、さりげない形でのアクセントとなっていた。

転載サイト:https://www.fashion-headline.com/article/5519

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です