エルメス 2018-19年秋冬コレクション – 温もりの赤に包まれた夕暮れ時の秋

エルメス(HERMÈS)の2018-19年秋冬ウィメンズコレクションが、フランス・パリで発表された。

秋の夕暮れ―アーティスティック・ディレクターのナデージュ・ヴァンへ=シビュルスキーが新作発表に選んだ舞台は、紅葉に覆われた秋の山々のような美しい赤に囲まれた世界。会場となったパリ市内の高校には、透明素材で覆われたランウェイを設置。クリア素材が透けて見える赤いライト、そしてランウェイに敷き詰められた赤い石。それら全てが組み合わせされた幻想的な空間で、日没のタイミングに合わせてショーは幕を開けた。

ファーストルックはなめらかで肌触りのよいカーフレザーでドレスを仕立てた。ナデージュがデビュー以来大切にしている、限りなく黒に近いブルー・ノワールのレザーピースが後に続くように登場する。表現するのは、レザーとテーラード技術の融合。そしてマスキュリンさとフェミニンさ、スポーティさとエレガンスなど相反する要素を同居させた。

ウエストや襟回りには、スタッズが取り付けられ躍動的なアクセントをプラス。スキーウェア風の厚みあるニットには、ハイジュエリーがコーディネートされ、スポーツとエレガンスの融合を着こなしによって具現化する。

メゾンの大切なコード、レザー製品の金具をさまざまデザインでプレタポルテに落とし込まれた。バッグ「ピアノ」の正方形の金具がドレスやコートのボタンとなり、「ヴェルー」バッグのチェーンがアウターを飾るデコレーションパーツへ様変わりする。また、革小物「メドール」に引用されていたピラミッド型のスタッズモチーフは、プリントドレスの柄として、もしくはダブルフェイスのウールカシミアの織柄となり、さらにはレザーボタンとしても表現された。

エルメスの原点である乗馬の世界。この大切なコードもデザインに反映されている。柔らかなディアスキンのジョッパーズパンツ、ジョッキーが纏うコートやジャケット、さらにはシャツから着想を得たピースが数多く登場している。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/37893

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です