シャネル コピー2018/19年秋冬 プレタポルテ コレクション – 日ごとに秋めくシャネルの森

シャネル コピーが2018/19年秋冬 プレタポルテ コレクションをフランス・パリで発表した。

枯葉が所狭しと広がっているランウェイ。パリの日差しが降り注ぐ会場には、たくさんの木々が設けられ、数日前雪がちらついたパリの気候とは打って変わって暖かな陽気に包まれた秋の森のような穏やかな景色が広がっていた。

コレクションピースも今季は秋めいている。シャネル 偽物を象徴するブラック&ホワイトのモノトーンの世界に飛び込んできたのは、自然からインスピレーションを得たパレット。落葉のような赤褐色や黄褐色、苔や針葉樹の葉を想起させるグリーン、樹皮のようなブラウンといったウォータムカラーが、メゾンのコードであるツイードをはじめ、コットンキャンバス、キルティングレザーといった上質なテキスタイルを染め上げている。

クラシックな2ピースのルック、エレガントなシャネル ドレス コピー。今季は細長いロング&リーンなシルエットで統一されている。中央には整列するように規則的にボタンを並べ、襟元は端正なハイカラー。インナーにはハイネックトップスを選び、さらにロングストールを巻いて縦長なシルエットを強調させている。

ロング丈のペンシルスカート、スリムなロングドレス。シャネルが選ぶピースはどれも女性らしく気品が高い。今季はそこにフォルムの遊びを差し込む。ショルダーラインはカクカクとした四角いラインで、裾をふんわり広げたポンチョ、アウターなどにも投じている。
シャネル スーパー コピーの秋を彩るのは、妖精のように舞い降りた森のエレメントたち。木の葉はファージャケットを彩る装飾となり、ジュエリーボタンにも姿を変え、何年も歳を重ねた木々の年輪はパターンとして起用。そして、実際の秋空で見るよりドラマティックに色付いたリーフが、ロングコートやパンツ、ドレスを彩っている。

FROM:https://www.fashion-press.net/news/37985

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です